リベット接合とは

リベット接合は、まず接合したい対象物を重ね合わせ穴を開けます。
そこに穴の深さよりも長いアルミや真鍮で作られた円筒状のリベットを差し込みます。
リベットの片側は半球状あるいは円錐状、円盤状になっているので反対側を専用工具やハンマーで叩き潰すなどの方法で固定します。加熱してから叩き潰す場合もあります。
一度固定すると、釘などのように簡単には取り外す事は出来ません。
車や飛行機などでよく使われ、身近な物では鍋の取っ手など台所用品でも使われます。また皮製品などの金属以外にも使用されます。

関連記事


 
  1. グッドポイント診断で自分の強みを知る

    自分の性格は溶接工に向いているのか? 溶接の仕事は作業上の打ち合わせ以外、一切喋らず黙々と目の…
  2. 溶接工の賃金を考える

    一口に溶接の仕事をしていると言っても、さまざまな種類の溶接職人さんがいます。 自分はこれまで関わっ…
  3. 溶接工として転職を考える

    溶接の道のメールフォームから連日多くのご質問やご相談を頂いていますが、特に多いのが転職のご相談です。…

溶接の道にようこそ

当サイトでは溶接関連の記事を画像や動画などを交えて紹介したり、管理人の体験を基にした記事を公開しています。
私は溶接の仕事を始めて20年が経過しましたが、まだまだ勉強中の身です。それに加え無礼な表現もあるかと思いますが、溶接職人さんから日曜溶接のお父さんまで幅広い方々に閲覧していただけたら幸いです。


yousetuzanmai

管理人のプロフィール
プライバシーポリシー
サイトマップ

おすすめ記事

問い合わせ

管理人 相原

way.welding@gmail.com
ページ上部へ戻る