アークスポット溶接とは

スポンサー リンク

アークスポット溶接について

スポット溶接はその名の通り母材の1点にアークを集中させて溶接しますので、薄板を重ね合わせた状態の溶接に適しています。溶接の熱による板の歪みがなく、接着剤でくっ付けたんじゃないか?ってくらいスッキリした製品が作れます。機械のカバーやボックスなど、鉄で気密性を必要としない製品ならまさにスポット溶接が効果的ですね。

(株)向洋技研さんがアップしたテーブルスポット溶接機を紹介している動画を参考までに紹介しておきます。
実際に溶接される様子がよくわかります。

以前、鉄工所で働いていた頃に、そこの年配の方から「スポット溶接やってると腕時計の針が狂うぞ」と言われました。僕は腕時計をした事がないので確認できなかったのですがw、磁力とか何とか難しい理屈なんでしょうかねえ。
ホントにそうなら最近人気のTV番組「ほこ×たて」で、最強金属vs最強ドリルとかやってたじゃないですか。ならばそこでスポット溶接機vsロレックスをやってもらいたい!
まあ、どちらも性能の長所で勝負するわけじゃないから場違いかw でも面白そうだ。


     

ピックアップ記事

  1. 今も昔もこれからも、この社会に無くてはならない技術「溶接」 なんだか難しい技を覚えなきゃいけないみ…
  2. 自分の性格は溶接工に向いているのか? 溶接の仕事は作業上の打ち合わせ以外、一切喋らず黙々と目の…
  3. 溶接の道のメールフォームから連日多くのご質問やご相談を頂いていますが、特に多いのが転職のご相談です。…

おすすめ記事

  1. 電流は100Aにしました。溶接棒は1.2mmです。 1mmの空間部分に溶接棒を置いたままトーチを左…
  2. サニタリーパイプ1S(20A 外径25.4mm 厚み1.2mm)とヘルールの裏波溶接をやってみました…
  3. 仕事中、背後に見知らぬ爺さんがいきなりいた。 溶接作業は騒音が鳴り響くし、かなり集中して作業し…
  4. 日鐵住金溶接工業が新たな自動プラズマ溶接装置を開発しました。 それは、クランプなしでプラズマ溶接が…
  5. ハステロイの仕事が久々にきました。 ハステロイとは主にニッケル基の耐熱・耐食合金の事です。 聞きな…
  6. ステンレス鋼サニタリー管 (JIS G 3447)の溶接。 サイズは、3S(65A) 外径76.3…
  7. SUS316Lの仕事がきました。 簡単に言うと316Lは腐食や塩に強いステンレス材です。 今…
  8. 溶接は熱影響により母材が変形したり歪んだりと中々思い通りに仕上がりにくいものです。 ただ目の前の製…
  9. 半自動溶接(正式には炭酸ガスアーク溶接)での試験科目であるSA-2Vです。 板厚9mmの炭素銅板を…
  10. 熱間圧延鋼板(SS400、SPHCなど)の板やフラットバーは普通の溶接工なら殆んどの方が扱っている金…
ページ上部へ戻る