アークスポット溶接とは

スポンサー リンク

アークスポット溶接について

スポット溶接はその名の通り母材の1点にアークを集中させて溶接しますので、薄板を重ね合わせた状態の溶接に適しています。溶接の熱による板の歪みがなく、接着剤でくっ付けたんじゃないか?ってくらいスッキリした製品が作れます。機械のカバーやボックスなど、鉄で気密性を必要としない製品ならまさにスポット溶接が効果的ですね。

(株)向洋技研さんがアップしたテーブルスポット溶接機を紹介している動画を参考までに紹介しておきます。
実際に溶接される様子がよくわかります。

以前、鉄工所で働いていた頃に、そこの年配の方から「スポット溶接やってると腕時計の針が狂うぞ」と言われました。僕は腕時計をした事がないので確認できなかったのですがw、磁力とか何とか難しい理屈なんでしょうかねえ。
ホントにそうなら最近人気のTV番組「ほこ×たて」で、最強金属vs最強ドリルとかやってたじゃないですか。ならばそこでスポット溶接機vsロレックスをやってもらいたい!
まあ、どちらも性能の長所で勝負するわけじゃないから場違いかw でも面白そうだ。

関連記事


溶接の道にようこそ

当サイトでは溶接関連の記事を画像や動画などを交えて紹介したり、管理人の体験を基にした記事を公開しています。
私は溶接の仕事を始めて20年が経過しましたが、まだまだ勉強中の身です。それに加え無礼な表現もあるかと思いますが、溶接職人さんから日曜溶接のお父さんまで幅広い方々に閲覧していただけたら幸いです。


yousetuzanmai

管理人のプロフィール
プライバシーポリシー
サイトマップ

メールフォーム

仕事の愚痴からこのブログのダメ出しまで何でも言いたい事メールしてください!

質問やお問い合わせはこちらから
ページ上部へ戻る