サブマージアーク溶接に挑戦してみた

スポンサー リンク

サブマージアーク溶接は造船、橋梁、建築の分野は勿論、ボイラーなどの圧力容器にも使用される優れた溶接方法です。
開先部分に粒状のフラックスを山盛りで散布しておき、この盛られたフラックスの中でアークを発生させ溶接します。

この溶接方法のメリットとして挙げられるのは
・高電流による溶接が可能(1000A以上でもいける)
・溶け込みが深く、30mm程度の板厚でも1パスで盛れるので作業効率が良い
・山盛りのフラックスの中をトーチが進むので溶接光を見ずに済む
・ヒュームの発生が少ないので安全衛生面に優れている
・セッティングが済めば、トーチの動き、ワイヤー送給、フラックスの散布が自動で行われるので作業者は見てるだけ
・設定が合えば、ブレの無い美しい外観と安定した溶け込みで信頼性のある溶接が出来る

次にデメリット
・継ぎ手の開先幅と深さにムラがあると、トーチは一定の速度で進むためデコボコなビードになる
・粒状フラックスは砂のようなものなので下向き突合せと隅肉以外ではフラックスが散布できず溶接出来ない
・アーク発生中、フラックスの中で溶け込んでる様子を確認できない
・機械の値段が高い

こんな点が挙げられます。

さて、僕はこれまでサブマージを経験した事がありませんでしたが今回ちょっと挑戦させていただきました。

母材はSPHC。板厚22mm。ロール加工された直径1.5mの板です。

サブマージアーク溶接2

1パスですけどこれで脚長が30mmくらいあります。

サブマージアーク溶接

まあ、これ大成功とは言えませんねw ビードが汚い。
溶接速度は適正だと思いますけどちょっと電圧が高かったかな。ビード両端がちょっとアンダーカット気味。

専門でやっている方の溶接はもっとビード表面に波が無くツルツルしてました。よーく見るとかなり細かい波がある感じ。僕のは荒い波が出てますよね。これがダメかと言われれば何とか良しだろうけど比べたらその差は歴然でした。

画像撮らせてくれって頼んだら断られました。なんてケチなんだ。
誰もが絶対に聞き返したくなるくらいの簡単な説明でいきなりやらされてどれだけ焦ったか。なんてSなんだ。
だって練習するような破材ってありませんよ。サブマージで失敗して材料無駄にしたらどんだけダメージがデカいか考えただけで恐ろしいわ!
でもこの日の昼食は奢ってくれました。なんて良い人なんだ。

実は挑戦したのではなく、無理矢理挑戦させられたのでした。
ニヤニヤされっぱなしの貴重な経験をさせて頂きありがとうございました。


     

ピックアップ記事

  1. 今も昔もこれからも、この社会に無くてはならない技術「溶接」 なんだか難しい技を覚えなきゃいけないみ…
  2. 自分の性格は溶接工に向いているのか? 溶接の仕事は作業上の打ち合わせ以外、一切喋らず黙々と目の…
  3. 溶接の道のメールフォームから連日多くのご質問やご相談を頂いていますが、特に多いのが転職のご相談です。…

おすすめ記事

  1. サブマージアーク溶接は造船、橋梁、建築の分野は勿論、ボイラーなどの圧力容器にも使用される優れた溶接方…
  2. 日鐵住金溶接工業が新たな自動プラズマ溶接装置を開発しました。 それは、クランプなしでプラズマ溶接が…
  3. 半自動溶接(正式には炭酸ガスアーク溶接)での試験科目であるSA-2Vです。 板厚9mmの炭素銅板を…
  4. ステンレス鋼サニタリー管 (JIS G 3447)の溶接。 サイズは、3S(65A) 外径76.3…
  5. 溶接は熱影響により母材が変形したり歪んだりと中々思い通りに仕上がりにくいものです。 ただ目の前の製…
  6. 熱間圧延鋼板(SS400、SPHCなど)の板やフラットバーは普通の溶接工なら殆んどの方が扱っている金…
  7. SUS316L 12ミリ突合せ溶接(仮付けから第1層目)の続きです。 SUS316L、板厚12…
  8. SUS316Lの仕事がきました。 簡単に言うと316Lは腐食や塩に強いステンレス材です。 今…
  9. JIS350A用フランジと350Aパイプ(板厚6mm両面磨き)の溶接です。 フランジの…
  10. 電流は100Aにしました。溶接棒は1.2mmです。 1mmの空間部分に溶接棒を置いたままトーチを左…
ページ上部へ戻る