溶接試験 不合格の実例 余盛り幅(小)

スポンサー リンク

yomorihaba

対象となる欠陥 : Wmax>13mm
不合格基準   : あってはならない

余盛り幅とは、溶接する母材の表面に盛り上がった溶接ビードの幅の事です。つまり肉眼で見えている溶接の幅になります。この余盛り幅が、狭い部分と広い部分の差が13mm以上あると不合格となるわけです。

さあ、なぜこんなにも余盛りにムラが出てしまうのでしょうか。
真っ先に思い当たるのはトーチを持つ腕の安定が悪いのでしょう。肘や上腕を何かに乗せたり、場合によっては足を使って腕を震えないようにするなど、その場で利用できるものはとにかく使って腕をスムーズに動かせる工夫が必要なのです。トーチの角度と速度を思いのままに動かせるようでなければ、一定の幅で美しい溶接は絶対に出来ないのです。
それと、溶接は一定の速度で進むと言われたりしますが、実際の作業では一定の速度で溶接してもビードは整いません。開先がグラインダー仕上げの場合は深さにムラがありますし、ほかにも溶接開始の直後と後半では母材の温度が全然違いますので、後半は早めに進まないと幅が広くなります。多層盛りの場合はさらに難しく、1層目や2層目で不安定になった部分を補うように、時に早く時に遅く進まないと最終層が綺麗にならないのです。半端ない達人レベルの人はブレずに失敗しないので溶接は安定って言うでしょうが、僕を含め未熟な溶接屋はなんとか誤魔化すかのように試行錯誤するのです!
溶接完了後に「よし、うまくいった!」ではなく、「よおおおし、何とかなった!」が大半でしょう。僕の場合ですけどね!

溶接は手元が1mm狂うだけで外観にハッキリと現れてしまいます。
溶け込みを意識しつつも速度もコントロールできるよう日々努力しましょう。僕の事ですけどね!


     

ピックアップ記事

  1. 今も昔もこれからも、この社会に無くてはならない技術「溶接」 なんだか難しい技を覚えなきゃいけないみ…
  2. 一口に溶接の仕事をしていると言っても、さまざまな種類の溶接職人さんがいます。 自分はこれまで関わっ…
  3. 自分の性格は溶接工に向いているのか? 溶接の仕事は作業上の打ち合わせ以外、一切喋らず黙々と目の…

おすすめ記事

  1. SUS316Lの仕事がきました。 簡単に言うと316Lは腐食や塩に強いステンレス材です。 今…
  2. アンダカット(アンダーカット)とは溶接ビードの横の部分が母材表面よりもへこんでいる場合の事で…
  3. サブマージアーク溶接は造船、橋梁、建築の分野は勿論、ボイラーなどの圧力容器にも使用される優れた溶接方…
  4. 日鐵住金溶接工業が新たな自動プラズマ溶接装置を開発しました。 それは、クランプなしでプラズマ溶接が…
  5. 熱間圧延鋼板(SS400、SPHCなど)の板やフラットバーは普通の溶接工なら殆んどの方が扱っている金…
  6. 仕事中、背後に見知らぬ爺さんがいきなりいた。 溶接作業は騒音が鳴り響くし、かなり集中して作業し…
  7. 半自動溶接(正式には炭酸ガスアーク溶接)での試験科目であるSA-2Vです。 板厚9mmの炭素銅板を…
  8. JIS350A用フランジと350Aパイプ(板厚6mm両面磨き)の溶接です。 フランジの…
  9. SUS316L 12ミリ突合せ溶接(仮付けから第1層目)の続きです。 SUS316L、板厚12…
  10. 溶接作業者は図面をしっかり確認した上で作業に取り組まなければいけません。 なぜなら場合によっては製…
ページ上部へ戻る