溶接試験 不合格の実例 開口欠陥(ピット)

kaikoukextukan

開口欠陥(ピット)とはビード表面に穴が開いてしまっている部分の事です。

対象となる欠陥: GⅠ 0.5≦Lmax<2.0mm          GⅡ Lmax≧2.0mm 不合格基準  :GⅠ N>6個
        GⅡ N>3個 

同じような意味としてブローホールと呼ぶ場合もありますが、ビード表面の穴をピット、ビード内部の穴をブローホールと言います。発生原因として考えられるのはシールドガスの残量不足、トーチと母材との距離が離れすぎてシールドガスの当たりが弱くなった為、水分や油やグラインダーの砥石など不純物が溶接部に混じった為などが多いと思います。まあ溶接部に酸素や窒素が混じるとこうなっちゃうんですよね。試験では穴の大きさと個数に上限が決められていて、少しの数なら許されています。なぜかと言うと半自動溶接(Co2)や被覆アーク溶接はピットやブローホールがあって当たり前の溶接だからです。ちょっと大げさに言っちゃいましたがそーゆう事なのです。重要な溶接部はティグでやりたがる方が多いのですが、そんな理由も関係していると思います。

ピットの直しはグラインダーなどでゴリゴリとピットが消える深さまで削り取り、もう一度溶接しなおせばまあOKですが、ブローホールの直しはただ事じゃありません。X線や超音波での検査で指摘されたら最後、板がどんなに厚かろうがその深さまで掘り、グラインダーではらちが空かないなんて時はガウジングで母材を削ぎ落とす事もあります。
ようやくブローホールを直し、やれやれと思うと母財の一部だけ激しく溶接した事になるので無茶な歪みが生じます。
一部だけ直すってのがまたやっかいで・・もう暑いし仕事多いし面倒臭えぇぇ帰る!

となる傾向が多いと勝手に思っている次第です。


   

気になるアイテム

幅広い用途で使えそうなんでXLサイズ買いました。海外からのメールで「なんで日本人はティグフィンガーを使わないの?」なんて言われてたんだけど、これ使ってみるとたしかに便利だよ。 指や手の平に付ければ溶接中の母材に触れてても熱くない!
詳細はこちら

ピックアップ記事

  1. 今も昔もこれからも、この社会に無くてはならない技術「溶接」 なんだか難しい技を覚えなきゃいけないみ…
  2. 溶接の道のメールフォームから連日多くのご質問やご相談を頂いていますが、特に多いのが転職のご相談です。…
  3. 自分の性格は溶接工に向いているのか? 溶接の仕事は作業上の打ち合わせ以外、一切喋らず黙々と目の…

溶接の道にようこそ

当サイトでは溶接関連の記事を画像や動画などを交えて紹介したり、管理人の体験を基にした記事を公開しています。
私は溶接の仕事を始めて20年が経過しましたが、まだまだ勉強中の身です。それに加え無礼な表現もあるかと思いますが、溶接職人さんから日曜溶接のお父さんまで幅広い方々に閲覧していただけたら幸いです。


yousetuzanmai

管理人のプロフィール
プライバシーポリシー
サイトマップ

おすすめ記事

メールフォーム

仕事の愚痴からこのブログのダメ出しまで何でも言いたい事メールしてください!

質問やお問い合わせはこちらから
ページ上部へ戻る