アークスタッド溶接とは

スポンサー リンク

アークスタッド溶接について

スタッド溶接の良い所は、一瞬でスタッドと母材が溶接されるので熱影響が非常に少なく済みます。
薄い板などにネジをティグでグリグリ溶接したらもう、恐ろしいくらい板は歪んでしまうのですが、スタッド溶接ならほとんど歪みません。もちろんわずかには歪みますけど、溶接加工の製品としては全然問題ないレベルです。
一瞬で溶接できてしまうので強度に難がありそうですが、適正電流で溶接を行えば溶接強度もバッチリです。建築現場においては鉄筋鉄骨の構造物の柱などをコンクリートの基礎に埋め込まれた板にスタッド溶接します。直径20mm以上のスタッドでも溶接できちゃうので便利ですよね。

スタッド溶接のやり方は、まずスタッドをピストルのような溶接用のガンに差し込んで、母材に押し付けてスイッチを入れるだけ。
とても簡単です。ただ注意したいのは、押し付けるときに母材に対して平行になっていないと上手く溶接できなかったり、スタッドが斜めに溶接されてしまいます。この状態だと強度も心配です。

参考までに、㈱日本フラッシュさんがCDスタッド溶接の動画をアップしていたのでご紹介します。
溶接機の説明のようですが、実際にスタッド溶接する映像が見れます。

使い方次第でかなり作業効率が高められそうですね。


     

ピックアップ記事

  1. 溶接の道のメールフォームから連日多くのご質問やご相談を頂いていますが、特に多いのが転職のご相談です。…
  2. 自分の性格は溶接工に向いているのか? 溶接の仕事は作業上の打ち合わせ以外、一切喋らず黙々と目の…
  3. 今も昔もこれからも、この社会に無くてはならない技術「溶接」 なんだか難しい技を覚えなきゃいけないみ…

おすすめ記事

  1. ステンレス鋼サニタリー管 (JIS G 3447)の溶接。 サイズは、3S(65A) 外径76.3…
  2. 溶接作業者は図面をしっかり確認した上で作業に取り組まなければいけません。 なぜなら場合によっては製…
  3. 溶接の世界には、全国溶接コンクールという溶接人にとって憧れの舞台があります。 誰でも参加できる訳で…
  4. 半自動溶接(正式には炭酸ガスアーク溶接)での試験科目であるSA-2Vです。 板厚9mmの炭素銅板を…
  5. 熱間圧延鋼板(SS400、SPHCなど)の板やフラットバーは普通の溶接工なら殆んどの方が扱っている金…
  6. アンダカット(アンダーカット)とは溶接ビードの横の部分が母材表面よりもへこんでいる場合の事で…
  7. 配管の溶接についてのメールがよく来ます。月に10件以上は来ます。 ありがとうございます! メ…
  8. 電流は100Aにしました。溶接棒は1.2mmです。 1mmの空間部分に溶接棒を置いたままトーチを左…
  9. サニタリーパイプ1S(20A 外径25.4mm 厚み1.2mm)とヘルールの裏波溶接をやってみました…
  10. SUS316L 12ミリ突合せ溶接(仮付けから第1層目)の続きです。 SUS316L、板厚12…
ページ上部へ戻る