折込み 巻き締め ねじ込み キー止め による接合とは

折込み

重ね合わせた部材の端(接合したい箇所)を折り曲げて接合する方法です。

巻き締め

重ね合わせた部材の端(接合したい箇所)を巻くように接合する方法です。

ねじ込み

ネジ山加工した部材同士を締め付け接合する方法です。
配管などのパイプ材でよく使用されます。

キー止め

シャフトなど丸い棒状の部材の一部に溝を掘り、そこにキー(四角形に加工された金属)を差し込む事でベアリングなどと接合させる方法です。

関連記事


   
  1. グッドポイント診断で自分の強みを知る

    自分の性格は溶接工に向いているのか? 溶接の仕事は作業上の打ち合わせ以外、一切喋らず黙々と目の…
  2. 溶接工として転職を考える

    溶接の道のメールフォームから連日多くのご質問やご相談を頂いていますが、特に多いのが転職のご相談です。…
  3. 溶接工の賃金を考える

    一口に溶接の仕事をしていると言っても、さまざまな種類の溶接職人さんがいます。 自分はこれまで関わっ…

溶接の道にようこそ

当サイトでは溶接関連の記事を画像や動画などを交えて紹介したり、管理人の体験を基にした記事を公開しています。
私は溶接の仕事を始めて20年が経過しましたが、まだまだ勉強中の身です。それに加え無礼な表現もあるかと思いますが、溶接職人さんから日曜溶接のお父さんまで幅広い方々に閲覧していただけたら幸いです。


yousetuzanmai

管理人のプロフィール
プライバシーポリシー
サイトマップ

おすすめ記事

問い合わせ

管理人 相原

way.welding@gmail.com
ページ上部へ戻る