アートの溶接師 -SPATTERS-

SPATTERS-スパッタアース-

鉄職人・小宮賢人氏を中心に構成されたアート溶接軍団。
独自の発想から生み出されるその作品は、人が生きる上での葛藤と愛が連想させられる。
無機質な金属。そこに人の温かみを加えた作品の数々に言いようの無い衝撃と感動が突き刺さる。

2008国際ウエルディングショーがインデックス大阪で開催されました。
溶材を仕入れてる馴染みの業者から無料チケットをいただいたので無理やり時間を作って行って来ました。開催期間は4月9日から4月12日の四日間。各日ともテーマの違うフォーラムを行っていたり、溶接連合による講演会などが行われていたので時間さえあれば泊まりでゆっくりと見てきたかったのですが、11日しか都合がつかず片道5時間の道のりを日帰りで楽しんできました。
最新の溶接関連の機械に驚きの連続。機械は機械、人は人、と分かっていても「あ~もう溶接に人間必要ねーな」と思えるくらいの素晴らしい機械の数々でした。

会場内を適当に見回っていると「技能伝承プラザ」だなんて上から目線のコーナーがあり、溶接の実演や技能五輪の金賞作品、全国溶接コンクールの上位作品が展示してありました。正直驚くほどのモノには見えなかったんです。「あーこんなモンか。これで技能五輪で金メダルかよ・・」と思いながら技能伝承プラザを後にする。
しかし待てよ、技能五輪は22歳までの参加者だよな・・それにしては凄くねえか? いや、俺は絶対にアレ以上に上手くできる。って俺今何歳だよ、キャリア数年であんなのやれたか?いやいや、アレは溶接機が最新だから綺麗に溶接できるんだ。半自動の音なんてジーーーーーッてスゲー安定してたもん。目覚まし時計の音にしたいくらい気持ちいいメロディだったもん。でも22歳以下でアレかぁ?スゲーなオイ!でも俺だって・・・ と脳内で自問自答しながら現実を認めたくない言い訳がグルグル回っていた。起伏の激しい思考だけでトランス状態になりながら目はテンパったままでフラフラと歩いていると   あった!!!

スパッタアースのブースを見つけた!

以前、スパッタアースのブログに国際ウエルディングショーでパフォーマンスすると書いてあったのですごく楽しみにしていたのです。今回片道5時間で大阪まで来たのもスパッタアースの作品とメンバーの方々を見たかったからなのです。

あ~何か作ってるな~ と近づいていくと いた!小宮さんだ!(勝手な推測)
オシャレな帽子を被っていて、なにやら人の顔のような形に鉄板を木槌で叩いている。その姿は自分の今まで見てきた溶接に関わる人間と完全に違う。この人はアートの世界の人だ。やるべき事と目的意識が俺のような金だけで作業をこなす溶接屋とは敷居が完全に違う。
俺はたった数分見ていただけでその世界観に引き込まれていた。

どれくらい見ていたんだろう。急に時間が気になって時計を見るともう夕方だ。まだ会場内を全部見ていないし心残りはあるがこの場を後にしよう。   いや、せっかく来たんだ。小宮さんに一言挨拶でもしていこう。 よし! 

と思い立った直後、小宮さんのもとに女性が2人近づき挨拶をしている。
女性二人 笑顔。
小宮賢人氏 笑顔。

なるほど、察したよ小宮さん。ここで男に話しかけられたら迷惑だ。俺は無言で立ち去るよ。今夜は宿泊先でも頑張ってくれ。

と、半ベソでその場から離れた。

いやいやいや、真面目に是非ご覧下さい。
国際ウエルディングショーで作られた彼らの作品を詳しく見れるスパッタアース・ブログ
スパッタアース ブログ

小宮賢人氏の作品が見れるスパッタアースホームページ
SPATTERS


   

ピックアップ記事

  1. 今も昔もこれからも、この社会に無くてはならない技術「溶接」 なんだか難しい技を覚えなきゃいけないみ…
  2. 一口に溶接の仕事をしていると言っても、さまざまな種類の溶接職人さんがいます。 自分はこれまで関わっ…
  3. 溶接の道のメールフォームから連日多くのご質問やご相談を頂いていますが、特に多いのが転職のご相談です。…

溶接の道にようこそ

当サイトでは溶接関連の記事を画像や動画などを交えて紹介したり、管理人の体験を基にした記事を公開しています。
私は溶接の仕事を始めて20年が経過しましたが、まだまだ勉強中の身です。それに加え無礼な表現もあるかと思いますが、溶接職人さんから日曜溶接のお父さんまで幅広い方々に閲覧していただけたら幸いです。


yousetuzanmai

管理人のプロフィール
プライバシーポリシー
サイトマップ

おすすめ記事

メールフォーム

仕事の愚痴からこのブログのダメ出しまで何でも言いたい事メールしてください!

質問やお問い合わせはこちらから
ページ上部へ戻る