折込み 巻き締め ねじ込み キー止め による接合とは

折込み

重ね合わせた部材の端(接合したい箇所)を折り曲げて接合する方法です。

巻き締め

重ね合わせた部材の端(接合したい箇所)を巻くように接合する方法です。

ねじ込み

ネジ山加工した部材同士を締め付け接合する方法です。
配管などのパイプ材でよく使用されます。

キー止め

シャフトなど丸い棒状の部材の一部に溝を掘り、そこにキー(四角形に加工された金属)を差し込む事でベアリングなどと接合させる方法です。

関連記事

 

気になるアイテム

クリアネイルショット
爪水虫、溶接工はみんなこれで悩んでない?これはかゆみ止めじゃなくて浸透力特化型!完治させて仕事に集中しよう。

s_tigfinger-3
やっと見つけた! 海外からいただくメールで「なんで日本人はTIGfingerを使わないの?」なんて言われてたんだけど、これ使ってみると凄いね。 指に付ければ溶接中の母材に触れてても熱くない。

なにこの豪華装備w 性能凄いけど高すぎるだろw

ピックアップ記事

  1. chingin
    一口に溶接の仕事をしていると言っても、さまざまな種類の溶接職人さんがいます。 自分はこれまで関わっ…
  2. welding-career change2
    溶接の道のメールフォームから連日多くのご質問やご相談を頂いていますが、特に多いのが転職のご相談です。…
  3. kyuujin
    今も昔もこれからも、この社会に無くてはならない技術「溶接」 なんだか難しい技を覚えなきゃいけないみ…

メールフォーム

仕事の愚痴からこのブログのダメ出しまで何でも言いたい事メールしてください!

質問やお問い合わせはこちらから
ページ上部へ戻る