溶接工として転職を考える

welding-3

溶接の仕事に魅力を感じ、経験や技術が上がってきた頃に誰もが考えてしまう「転職」

僕自身、プロフィールにも書いてある通り、これまで何度も溶接関連の会社に転職してきました。仕事が長続きしない奴って言われそうですけど、1番の理由はもっと知識を身につけて違う分野の溶接を覚えたかったんです。

1つの会社でずっと溶接を学んで経験を積み上げていくのは決して悪い事ではありません。むしろそんな考えが持てるならその会社は楽しさとやりがいのある素晴らしい環境なんだと思います。まさに溶接サイコー!状態です。
ただ、やっぱり先が不安になる環境だったり現状に満足できていないと、違う会社に興味を持ってしまう事は当たり前にある事ですよね。収入の面、スキルアップしたい気持ち、ぶっちゃけ毎日同じような仕事で飽きたってのもあると思います。

溶接の道のメールフォームから連日多くのご質問やご相談を頂いていますが、特に多いのが転職のご相談です。
メールをいただいた方の中には転職後の事も連絡してくれる方が沢山いて、そういった声の中で「良い転職」が出来たんだなぁと感じられたのは給料面よりも、やりたい溶接の職種に付けた場合です。溶接の仕事って大手企業に勤めようが零細企業に勤めようが場所が変われば新たな学びがあってマイナスもあるけどプラスも多い。造船で長く務めた方がTIGの配管屋に行ったケース、大手重機メーカーで溶接してた方が高層建築の現場に行ったケース、ごく普通の町工場からアルミ専門の会社になど様々です。

結局話をまとめると、現状に不満もあるけどそれよりも他業種の溶接に魅かれたって声が多いんですよね。

この記事をご覧になっているあなたが今どんな思いで転職を考えているかは僕にはわかりませんけど、何を大事として次のステップに進むのかをハッキリさせたほうが良いと思います。

何を大事とするか

icon-hand-o-right 出世重視 (何よりも収入とかですね)
icon-hand-o-right 技術重視 (現状のスキルが生かせる、またはこの先習得できる技術に魅力がある)
icon-hand-o-right 人間関係重視 (極端に言うと、仕事ほどほど、気の合う仲間と楽しければ良し)
icon-hand-o-right プライベート重視 (お金は平均くらいもらえればいいし、休日が多ければ最高)
icon-hand-o-right いずれ独立を視野にいれる

ちょこっと挙げただけでもこんな感じに方向性ってありますよね。もちろんこの中でも2つを絡めたりと色々だとは思います。肝心なのは、自分はこんな感じで溶接に関わっていきたいという将来像を持つことです。
造船、配管、製缶、建築、THE職人の町工場など、その他様々ありますが、どんな溶接の職種に関わりたいかを考えてみて、そこから上で書いた何を重視すべきかを当てはめて自分の理想像を明確にします。そこからですよ、企業選びは。

ただ一つ気を付けたいのが転職は運もあるとは言えギャンブルではありません。
行き当たりばったりで情報不足の転職は危険です。人生において大事な転職を失敗させたくありませんよね。

そこで、少しでも「違う業種の溶接工に転職」が頭に浮かんだ事があるならば、他所の企業ってどんな条件や業務なのか調べてみましょう。

転職情報サイトを有効的に利用する

ものづくりエンジニア専門の「メイテックネクスト」と言う転職求人サイトがあります。ネットには数多くの転職サイトがありますが、他の求人サービスと決定的にちがうのは製造系物作りに特化している事、そして登録するだけで常時8000件以上の求人が紹介可能となっています。
転職を決心した。後はどこにするかを決めるなら断然ここがお勧め。通常サイトで見れる求人は全体の10~20%ですが、転職支援サービスに登録すると残りの80~90%の非公開求人情報が見る事ができ、さらにサイトの転職支援サービスがあなたのキャリアを分析して、日本を代表するような大手企業や規模こそ小さいが技術に優れた企業など紹介してくれます。履歴書の書き方や面接でのアドバイスなど、サポートも充実しています。本気で転職を決意したならここに登録しましょう。頭の中でぼんやりと転職を考えていても何も進みません。どう進むであれ、ハッキリとした情報を得て自分なりの答えを出しましょう。

至れり尽くせりのサポートをどんだけ受けてもお金は掛かりません。
メイテックネクストの登録はこちら
icon-arrow-circle-right ものづくりエンジニア

そしてもう一つ。
製造業、工場求人に特化したサイト「工場ワークス」。
メイテックネクストはコンサルタントと話し合いを重ね企業選びをしていきますが、こちらは氏名、性別、生年月日、住所、電話番号、メアドのみの簡単な入力で応募ができます。
まずはサイトタイトル横の地域を指定しましょう。画面が切り替わったらお好みの条件で求人を検索していきます。「人気の条件」に溶接がありますね!
興味が沸いた求人を見つけたら簡単応募して詳しい条件など尋ねてみましょう。

工場ワークスの求人はこちら
icon-arrow-circle-right 工場ワークス

溶接業界は人手不足なので転職のチャンスです。
この業界、技術の伝承が成されていないとか、賃金が安いとかそんな情報が飛び交ってますが、正しく技術を学び知識を付けていけば今もこれからもモノづくりの重要な業種だし、高収入の可能性があるのは間違いありません。
求人の多さを見ると改めて腕1本で食っていける業種なんだなぁと感じます。
現状維持を安心ととらえるか、色んな職種の溶接を経験して腕に磨きをかける事を安心ととらえるかは人によって違うと思います。僕は後者を選びました。

これまでの経験を最大限に活かして攻めの転職をするならものづくりエンジニア
お手軽応募で新しい環境を目指したいなら工場ワークス

今はこうして簡単にネットで転職情報を知る事ができるので、わけもわからず独立した僕は羨ましく思いますよ・・・マジで。

tensyoku-welding

溶接の道にようこそ

当サイトでは溶接関連の記事を画像や動画などを交えて紹介したり、管理人の体験を基にした記事を公開しています。
私は溶接の仕事を始めて20年が経過しましたが、まだまだ勉強中の身です。それに加え無礼な表現もあるかと思いますが、溶接職人さんから日曜溶接のお父さんまで幅広い方々に閲覧していただけたら幸いです。


yousetuzanmai

管理人のプロフィール
プライバシーポリシー
サイトマップ

メールフォーム

仕事の愚痴からこのブログのダメ出しまで何でも言いたい事メールしてください!

質問やお問い合わせはこちらから

アクセスカウンター

  • 1142today:
  • 3476 yesterday:
  • 8856044total:
ページ上部へ戻る