Tig Finger使ってみたけどこれはオススメ

スポンサー リンク

「TigFinger」 このアイテムを知らない方が結構多いようなんでご紹介しておきます。
ティグ溶接をする際に、トーチを持つ手の指に装着しておくと母材に触れててもさほど熱さを感じないってヤツです。
それだけ?ってオイ! それただ事じゃないっスよ!

ブレの無い綺麗な溶接ビードにするためには適正電流、体の姿勢、腕のポジションが重要なんですが、それに加えて熱さ対策が必要です。
まさか素手で溶接してる人はいないと思うけど、軍手や薄手の皮手じゃ溶接直後の母材に触れてたら1分と経たずに我慢の限界がきます。それで溶接を止めちゃったりするパターン多いよね。で、母材に触れないような手のポジションで無理な姿勢で溶接したあげく残念ビードが・・・

そこでティグフィンガーの出番です。

 icon-arrow-circle-right 詳細ページへ

これこれ、これを指に差し込んで溶接すれば熱い母材でもまあ普通に溶接できるんですよ。常に在庫が少なかったり入荷待ちになっている事が多いので、あったらラッキーと思いましょう。
海外の溶接動画ではよく登場します。この方は小指に装着してますね。

こちらは中指に付けてますね。実際の使用方法がよくわかります。

こんな感じで使えば溶接の安定感は相当上がるはずです。
何より心の叫びである「熱ちぃぃぃぃっ! まだか!まだ終わりはこないのか!」
これが無くなるだけでも十分楽になるはずですよ。

よく他人が溶接した製品や普段あまり見ない他社の製品などを見ると信じられないくらいビードが綺麗だったり、複雑でやりにくい形状でも綺麗に溶接してあったりと驚く事が多かったりします。そこには色々な見えない工夫がされていて、ただ上手いから綺麗に出来てるとか「気合いで溶接したなぁ~」なんて一言では済まされないくらいの努力と工夫があるのです。人よりちょっと差を付けたいなら使ってみるのも手だと思いますよ。

ちなみに形がちょいと違いますけど値段が安いヤツもあります。
こちらはバンドで手に固定するタイプですね。これは使った事ないんだけど生地が薄い感じ。装着できる指が限られてるし、断熱効果も低そうだ。

 icon-arrow-circle-right 詳細ページへ

XLサイズのもあります。これは幅広い使い方ができて効果抜群ですよ。

 icon-arrow-circle-right 詳細ページへ

半自動やアークではスパッタの飛散があるので生地を傷めやすくオススメできませんけどティグなら必ず使いましょう、と言いたくなるくらいオススメと僕は思っています。


     

ピックアップ記事

  1. 溶接の道のメールフォームから連日多くのご質問やご相談を頂いていますが、特に多いのが転職のご相談です。…
  2. 今も昔もこれからも、この社会に無くてはならない技術「溶接」 なんだか難しい技を覚えなきゃいけないみ…
  3. 一口に溶接の仕事をしていると言っても、さまざまな種類の溶接職人さんがいます。 自分はこれまで関わっ…

おすすめ記事

  1. 溶接の世界には、全国溶接コンクールという溶接人にとって憧れの舞台があります。 誰でも参加できる訳で…
  2. 溶接は熱影響により母材が変形したり歪んだりと中々思い通りに仕上がりにくいものです。 ただ目の前の製…
  3. ステンレス鋼サニタリー管 (JIS G 3447)の溶接。 サイズは、3S(65A) 外径76.3…
  4. SUS316Lの仕事がきました。 簡単に言うと316Lは腐食や塩に強いステンレス材です。 今…
  5. サニタリーパイプ1S(20A 外径25.4mm 厚み1.2mm)とヘルールの裏波溶接をやってみました…
  6. アンダカット(アンダーカット)とは溶接ビードの横の部分が母材表面よりもへこんでいる場合の事で…
  7. サブマージアーク溶接は造船、橋梁、建築の分野は勿論、ボイラーなどの圧力容器にも使用される優れた溶接方…
  8. 溶接作業者は図面をしっかり確認した上で作業に取り組まなければいけません。 なぜなら場合によっては製…
  9. JIS350A用フランジと350Aパイプ(板厚6mm両面磨き)の溶接です。 フランジの…
  10. ハステロイの仕事が久々にきました。 ハステロイとは主にニッケル基の耐熱・耐食合金の事です。 聞きな…
ページ上部へ戻る