黒皮が付いたままティグ溶接しなければならない時

スポンサー リンク

熱間圧延鋼板(SS400、SPHCなど)の板やフラットバーは普通の溶接工なら殆んどの方が扱っている金属です。
この材料は溶接性に優れているので比較的簡単に溶接でき、広い範囲の工業機器に使われています。

熱間圧延鋼板は製造工程の中で加熱して引き伸ばされます。その後、常温に戻すのですがこの時に表面が酸化して酸化皮膜で覆われてしまうのです。この皮膜が通称「黒皮」ってヤツなんですよね。
この黒皮を除去せずに溶接を行うとブローホールが多発しちゃったりで良い事がありません。おまけに溶接強度や外観も宜しくない。

被覆アークや半自動溶接ならそれほど気にならずに溶接出来ちゃうんですけど、ティグだと全然上手くいかないのです。
そうなると必然的に溶接前には黒皮をベルトサンダーやグラインダーで削り落としたり、薬剤を使って溶かしたりしなければいけません。質の高い溶接を行うなら当然やらなければいけない事なのです。

しかし、大きな声では言えませんが、質なんてどーでもいい仕事もあったりします。
他人が黒皮を除去しないで仮付けした部分を溶接しなければいけない時なんてのもあります。
そーゆう時に、そーゆう限られた場面でしか使えませんけど黒皮を取らずにティグで程ほどに溶接できる方法をご紹介したいと思います。

 

黒皮を一切除去してない状態のフラットバーです。

kurokawatig1

 

まったく小細工しないで溶接すると、溶融池はフラフラするし溶け込みは安定しないし見た目が酷い有様になりますねw もう無理矢理付けましたって感じ100%

kurokawatig4

 

そこで後進法で溶接します。半自動や被覆アークなら普通にやる運棒方法ですけどティグでは通常やりません。
でもここではやっちゃいます。赤い矢印のようにトーチは左に向けて右へ進む動きになります。
kurokawatig3

 

どうでしょう。見た目的に良くなったと思います。
溶接中も無理に付けた感じはなく、自然に溶かした感じが体感できます。
kurokawatig2

正直言って、強度を計測したらヤバイ事になってるのかもですけど、これでも大丈夫な仕事ってありますので使える時だけ試して見て下さい。

最後にクドいようですが、質の高い溶接が必要なら黒皮はちゃんと除去するべきです。
サンドブラスト加工した材料を使うなり自分で削るなりして下さいね。

溶接は外観だけではなく肝心なのは中身なのですから。


     

ピックアップ記事

  1. 自分の性格は溶接工に向いているのか? 溶接の仕事は作業上の打ち合わせ以外、一切喋らず黙々と目の…
  2. 今も昔もこれからも、この社会に無くてはならない技術「溶接」 なんだか難しい技を覚えなきゃいけないみ…
  3. 一口に溶接の仕事をしていると言っても、さまざまな種類の溶接職人さんがいます。 自分はこれまで関わっ…

おすすめ記事

  1. 電流は100Aにしました。溶接棒は1.2mmです。 1mmの空間部分に溶接棒を置いたままトーチを左…
  2. 溶接の世界には、全国溶接コンクールという溶接人にとって憧れの舞台があります。 誰でも参加できる訳で…
  3. 溶接作業者は図面をしっかり確認した上で作業に取り組まなければいけません。 なぜなら場合によっては製…
  4. サニタリーパイプ1S(20A 外径25.4mm 厚み1.2mm)とヘルールの裏波溶接をやってみました…
  5. 配管の溶接についてのメールがよく来ます。月に10件以上は来ます。 ありがとうございます! メ…
  6. 熱間圧延鋼板(SS400、SPHCなど)の板やフラットバーは普通の溶接工なら殆んどの方が扱っている金…
  7. SUS316L 12ミリ突合せ溶接(仮付けから第1層目)の続きです。 SUS316L、板厚12…
  8. 日鐵住金溶接工業が新たな自動プラズマ溶接装置を開発しました。 それは、クランプなしでプラズマ溶接が…
  9. 仕事中、背後に見知らぬ爺さんがいきなりいた。 溶接作業は騒音が鳴り響くし、かなり集中して作業し…
  10. 半自動溶接(正式には炭酸ガスアーク溶接)での試験科目であるSA-2Vです。 板厚9mmの炭素銅板を…
ページ上部へ戻る