AW検定協議会 AW検定とは

スポンサー リンク

AW検定とは、1年に1度だけ行われるAW検定協議会が認定する資格の事です。
この資格を持つ事は、建築鉄骨溶接の分野で高水準な溶接作業者であることを証明します。

とにかくこのAW検定は半端なく合格への道が厳しいのです。日本溶接協会の技能試験が外観と曲げ試験だけなのに対してこのAW検定は外観、曲げ、X線検査、マクロ検査まで行います!外観で溶接の美しさ、曲げで溶接の強さ、X線で溶接内部の欠陥、マクロ試験で溶接表面の欠陥を完全に検査されます。さらに1日で基本級3枚と専門級2枚の計5枚のテストピースを溶接しなければなりません。そして費用も半端ない。1回の試験で約25~30万円は必要になります。
基本的に務めている会社側で申請するので費用は会社が負担するケースが多いはず。この金額だと、一か八かの実力では会社側は受験させてくれないでしょうね(笑) 試験のレベルが高いので、自他共に認める腕が無いと合格は難しいと思います。でも自分のやってる仕事の腕を証明するためにも挑戦しましょう。毎年、惜しまない努力で多くの方々が合格しています。

申し込み期間は4月15日~5月15日必着。ここから戦いが始まるのです。自分との戦いね。
合格通知が届くのが3月末なのでまさに1年掛かり。この1年は心が細い人には辛い。

本試験は7月1日~9月30日以内でAW検定協議会が指定する日に行います。もし不合格となった種目は追試験が1回できるのでAW検定協議会の優しさと愛を感じますねぇ。でも試験は鬼のように難しいわけですけど(笑)

さあ、受験できる資格は4種類!
・工場溶接技量検定  (鋼製エンドタブ 代替えエンドタブ)
・工事現場溶接技量検定  (鋼製エンドタブ 代替えエンドタブ)
・鋼管溶接技量検定  (直管継手 分岐継手)
・ロボット溶接オペレーター技量検定

建築鉄骨溶接のスペシャリストを目指して頑張りましょう。
会社の為でもあるけれど、貴方自身がこれまで頑張ってきた努力の証明にもなるんだからね。

詳しくはこちら AW検定協議会


     

ピックアップ記事

  1. 今も昔もこれからも、この社会に無くてはならない技術「溶接」 なんだか難しい技を覚えなきゃいけないみ…
  2. 溶接の道のメールフォームから連日多くのご質問やご相談を頂いていますが、特に多いのが転職のご相談です。…
  3. 一口に溶接の仕事をしていると言っても、さまざまな種類の溶接職人さんがいます。 自分はこれまで関わっ…

おすすめ記事

  1. SUS316L 12ミリ突合せ溶接(仮付けから第1層目)の続きです。 SUS316L、板厚12…
  2. アンダカット(アンダーカット)とは溶接ビードの横の部分が母材表面よりもへこんでいる場合の事で…
  3. 溶接は熱影響により母材が変形したり歪んだりと中々思い通りに仕上がりにくいものです。 ただ目の前の製…
  4. 仕事中、背後に見知らぬ爺さんがいきなりいた。 溶接作業は騒音が鳴り響くし、かなり集中して作業し…
  5. ハステロイの仕事が久々にきました。 ハステロイとは主にニッケル基の耐熱・耐食合金の事です。 聞きな…
  6. 日鐵住金溶接工業が新たな自動プラズマ溶接装置を開発しました。 それは、クランプなしでプラズマ溶接が…
  7. サニタリーパイプ1S(20A 外径25.4mm 厚み1.2mm)とヘルールの裏波溶接をやってみました…
  8. サブマージアーク溶接は造船、橋梁、建築の分野は勿論、ボイラーなどの圧力容器にも使用される優れた溶接方…
  9. 溶接作業者は図面をしっかり確認した上で作業に取り組まなければいけません。 なぜなら場合によっては製…
  10. 熱間圧延鋼板(SS400、SPHCなど)の板やフラットバーは普通の溶接工なら殆んどの方が扱っている金…
ページ上部へ戻る