半自動溶接試験 SN-2V

スポンサー リンク

半自動溶接(正式には炭酸ガスアーク溶接)での試験科目であるSA-2Vです。
板厚9mmの炭素銅板を縦向き姿勢、裏金無しで溶接します。

こちらの画像は全国溶接コンクール上位の方の物ですが、半端なく上手い!
人間が溶接したとは思えないほどの精密さと美しさを兼ね備えています。
半自動溶接ってこんな風にできるのか!?と、溶接してる人なら目が点になるほどのありえない一品ですねー。

sn-2v 1

こちらは初層から仕上がりの3層目までの溶接です。
わかりやすく各層を見せてくれています。言うまでもなく、各層が見事に安定してますね。
1番重要と言われる初層で裏波を出しつつ、表面が一定の盛りで登ってますが、まずこれが難しい。
正確な数値はわかりませんが、電流100A電圧20Vくらいと思います。
2層目は母材の表面から1mmくらい低く、開先幅より少し幅が狭いくらいにウィービングして揃えるのが理想なのですが、笑っちゃうくらい見事に理想型ですねー。おそらく電流は120~130Aくらいかな。電圧は22前後かと思います。
仕上げの3層目はもう見る限り、この人はアンドロイド型ロボットなんでしょう。暑い、痛い、疲れたなんて考えてたらこんなに安定できませんって。自分も資格の更新などで試験には行きますけど、たかが長さ100mmや200mmの溶接を完了させるまでに頭の中では「熱ちー!痛ってー!帰りてぇー!」って原稿用紙10枚分くらい叫んでます。腕は勿論、気合が違うんだろうなぁ。

sn-2v 2

こちらが裏面。
まったく不安要素の無い裏波。ホント上手い。
まさに熟練の技術ってやつですね。
sn-2v 3

ソリッドワイヤーを使用した半自動溶接って、外観が汚くなるのが当たり前と思ってる人が少なからずいると思います。それは溶接機の問題であったり作業環境であったりと、理想的な溶接ができる条件では無いのかもしれません。でも、上手くやろうと思えばここまで出来るってのを知っておけば、気持ちの部分から少しずつ技術が向上していくと思います。

それにしても、この溶接された方は、溶接じゃなくてマヨネーズとかでも上手く盛れそうw
ケーキ屋さんと是非勝負していただきたい。


     

ピックアップ記事

  1. 今も昔もこれからも、この社会に無くてはならない技術「溶接」 なんだか難しい技を覚えなきゃいけないみ…
  2. 一口に溶接の仕事をしていると言っても、さまざまな種類の溶接職人さんがいます。 自分はこれまで関わっ…
  3. 自分の性格は溶接工に向いているのか? 溶接の仕事は作業上の打ち合わせ以外、一切喋らず黙々と目の…

おすすめ記事

  1. ハステロイの仕事が久々にきました。 ハステロイとは主にニッケル基の耐熱・耐食合金の事です。 聞きな…
  2. JIS350A用フランジと350Aパイプ(板厚6mm両面磨き)の溶接です。 フランジの…
  3. サニタリーパイプ1S(20A 外径25.4mm 厚み1.2mm)とヘルールの裏波溶接をやってみました…
  4. 溶接の世界には、全国溶接コンクールという溶接人にとって憧れの舞台があります。 誰でも参加できる訳で…
  5. アンダカット(アンダーカット)とは溶接ビードの横の部分が母材表面よりもへこんでいる場合の事で…
  6. 電流は100Aにしました。溶接棒は1.2mmです。 1mmの空間部分に溶接棒を置いたままトーチを左…
  7. 熱間圧延鋼板(SS400、SPHCなど)の板やフラットバーは普通の溶接工なら殆んどの方が扱っている金…
  8. 溶接は熱影響により母材が変形したり歪んだりと中々思い通りに仕上がりにくいものです。 ただ目の前の製…
  9. 半自動溶接(正式には炭酸ガスアーク溶接)での試験科目であるSA-2Vです。 板厚9mmの炭素銅板を…
  10. 溶接作業者は図面をしっかり確認した上で作業に取り組まなければいけません。 なぜなら場合によっては製…
ページ上部へ戻る