食品工業用サニタリー配管の規格とサイズ

スポンサー リンク

サニタリー配管、サニタリーパイプとは食品関連や薬品製造などの分野でよく使用されるステンレス製のパイプの事です。一般の家庭では浴室やトイレなどの水周りで使われています。

JIS規格に規定されている4種類のサニタリー管
(食品工業用ステンレス鋼管)

SUS304TBS  これを基本とすると

SUS304LTBS  304TBSより炭素量が少ないので耐粒界腐食性に富んでいる さらに高温、高圧向き

SUS316TBS  304系よりモリブデンとニッケルが多いので耐食性さらにアップ! 科学薬品など向き

SUS316LTBS  316TBSより耐粒界腐食に強い この中で最も高価で性能良し 高温、高圧、腐食など最強

・応力腐食割れなどを起こしやすい部分や真空装置などではL材を使うのがオススメです。
・外径の寸法は、12mm~406.4mmの範囲、厚みは 1mm~3.2mmの範囲で規定されています。
・食品工業向けのサニタリー配管は溶接継目の無いシームレス鋼管が使われます。
・パイプの内外面は400番研磨仕上げです。

食品工業用サニタリーパイプの外径と厚み

外径(mm) 厚さ(mm)
12      1
12.7     1
17.2     1
21.3     1
25      1.2 及び 1.6
33.7     1.2 及び 1.6
38      1.2 及び 1.6
40      1.2 及び 1.6
51      1.2 及び 1.6
63.5     1.6
70      1.6
76.1     1.6
88.9     2
101.6     2
114.3     2
139.7     2
168.3     2.6
219.1     2.6
273      2.6
323.9     2.6
355.6     2.6
406.4     3.2

関連記事


溶接の道にようこそ

当サイトでは溶接関連の記事を画像や動画などを交えて紹介したり、管理人の体験を基にした記事を公開しています。
私は溶接の仕事を始めて20年が経過しましたが、まだまだ勉強中の身です。それに加え無礼な表現もあるかと思いますが、溶接職人さんから日曜溶接のお父さんまで幅広い方々に閲覧していただけたら幸いです。


yousetuzanmai

管理人のプロフィール
プライバシーポリシー
サイトマップ

メールフォーム

仕事の愚痴からこのブログのダメ出しまで何でも言いたい事メールしてください!

質問やお問い合わせはこちらから
ページ上部へ戻る