食品工業用サニタリー配管の規格とサイズ

スポンサー リンク

サニタリー配管、サニタリーパイプとは食品関連や薬品製造などの分野でよく使用されるステンレス製のパイプの事です。一般の家庭では浴室やトイレなどの水周りで使われています。

JIS規格に規定されている4種類のサニタリー管
(食品工業用ステンレス鋼管)

SUS304TBS  これを基本とすると

SUS304LTBS  304TBSより炭素量が少ないので耐粒界腐食性に富んでいる さらに高温、高圧向き

SUS316TBS  304系よりモリブデンとニッケルが多いので耐食性さらにアップ! 科学薬品など向き

SUS316LTBS  316TBSより耐粒界腐食に強い この中で最も高価で性能良し 高温、高圧、腐食など最強

・応力腐食割れなどを起こしやすい部分や真空装置などではL材を使うのがオススメです。
・外径の寸法は、12mm~406.4mmの範囲、厚みは 1mm~3.2mmの範囲で規定されています。
・食品工業向けのサニタリー配管は溶接継目の無いシームレス鋼管が使われます。
・パイプの内外面は400番研磨仕上げです。

食品工業用サニタリーパイプの外径と厚み

外径(mm) 厚さ(mm)
12      1
12.7     1
17.2     1
21.3     1
25      1.2 及び 1.6
33.7     1.2 及び 1.6
38      1.2 及び 1.6
40      1.2 及び 1.6
51      1.2 及び 1.6
63.5     1.6
70      1.6
76.1     1.6
88.9     2
101.6     2
114.3     2
139.7     2
168.3     2.6
219.1     2.6
273      2.6
323.9     2.6
355.6     2.6
406.4     3.2


     

ピックアップ記事

  1. 自分の性格は溶接工に向いているのか? 溶接の仕事は作業上の打ち合わせ以外、一切喋らず黙々と目の…
  2. 溶接の道のメールフォームから連日多くのご質問やご相談を頂いていますが、特に多いのが転職のご相談です。…
  3. 一口に溶接の仕事をしていると言っても、さまざまな種類の溶接職人さんがいます。 自分はこれまで関わっ…

おすすめ記事

  1. JIS350A用フランジと350Aパイプ(板厚6mm両面磨き)の溶接です。 フランジの…
  2. 電流は100Aにしました。溶接棒は1.2mmです。 1mmの空間部分に溶接棒を置いたままトーチを左…
  3. 溶接の世界には、全国溶接コンクールという溶接人にとって憧れの舞台があります。 誰でも参加できる訳で…
  4. 仕事中、背後に見知らぬ爺さんがいきなりいた。 溶接作業は騒音が鳴り響くし、かなり集中して作業し…
  5. 半自動溶接(正式には炭酸ガスアーク溶接)での試験科目であるSA-2Vです。 板厚9mmの炭素銅板を…
  6. 溶接は熱影響により母材が変形したり歪んだりと中々思い通りに仕上がりにくいものです。 ただ目の前の製…
  7. SUS316Lの仕事がきました。 簡単に言うと316Lは腐食や塩に強いステンレス材です。 今…
  8. サニタリーパイプ1S(20A 外径25.4mm 厚み1.2mm)とヘルールの裏波溶接をやってみました…
  9. ハステロイの仕事が久々にきました。 ハステロイとは主にニッケル基の耐熱・耐食合金の事です。 聞きな…
  10. 日鐵住金溶接工業が新たな自動プラズマ溶接装置を開発しました。 それは、クランプなしでプラズマ溶接が…
ページ上部へ戻る