ステンレスの半自動溶接 鋭利な部分の多層盛り

スポンサー リンク

溶接作業者は図面をしっかり確認した上で作業に取り組まなければいけません。
なぜなら場合によっては製品そのものを作り直ししなければいけないケースもあり、損害は半端ないです。

さて先日、僕は思いっきりミスをやらかしました。
原因は多忙で疲労とか睡眠不足とか、そもそも性格が適当とか言いたいのですが直球で言うと図面の確認不足です。

で、結果的になんとか直したので良しと思い画像を載せてみました。

sus tasoumori

実はコレ、直径900mmのフランジ内面の角を9パス3層盛っています。
なぜかと言いますと板の加工寸法を小さく発注してしまいまして。
フランジ内面の最終仕上げはピン角のフライス加工なので肉盛りでなんとかしました。
本来ならティグで2層盛れば終わりだったのに!

隅肉の多層盛りなら何層やってもひたすら盛れば良いだけの話ですけど、こーゆう空中に積み上げて盛っていくのは辛かったですね~。

「短い板を付け足そうか」とか「ブローホールが怖いからティグで盛ろうか」とか色々考えたんですけど結局フラックスの半自動で仕上げました。

申し訳なく思いつつもグラインダーでビードを平面まで削って納品させていただきました。
「フライスで削ったら穴開いてたぞ!」の電話に怯える日々が続いたんですけど大丈夫でした。

いや~気をつけなければいけませんねぇ。
忙しくても常に冷静で作業に取り組む心を鍛えたいと思います。

しかし直って良かった。

まあでも良くある事です。たぶん溶接屋さん全員ある。


     

ピックアップ記事

  1. 自分の性格は溶接工に向いているのか? 溶接の仕事は作業上の打ち合わせ以外、一切喋らず黙々と目の…
  2. 今も昔もこれからも、この社会に無くてはならない技術「溶接」 なんだか難しい技を覚えなきゃいけないみ…
  3. 溶接の道のメールフォームから連日多くのご質問やご相談を頂いていますが、特に多いのが転職のご相談です。…

おすすめ記事

  1. SUS316Lの仕事がきました。 簡単に言うと316Lは腐食や塩に強いステンレス材です。 今…
  2. ステンレス鋼サニタリー管 (JIS G 3447)の溶接。 サイズは、3S(65A) 外径76.3…
  3. 日鐵住金溶接工業が新たな自動プラズマ溶接装置を開発しました。 それは、クランプなしでプラズマ溶接が…
  4. 溶接は熱影響により母材が変形したり歪んだりと中々思い通りに仕上がりにくいものです。 ただ目の前の製…
  5. 仕事中、背後に見知らぬ爺さんがいきなりいた。 溶接作業は騒音が鳴り響くし、かなり集中して作業し…
  6. 溶接の世界には、全国溶接コンクールという溶接人にとって憧れの舞台があります。 誰でも参加できる訳で…
  7. サブマージアーク溶接は造船、橋梁、建築の分野は勿論、ボイラーなどの圧力容器にも使用される優れた溶接方…
  8. SUS316L 12ミリ突合せ溶接(仮付けから第1層目)の続きです。 SUS316L、板厚12…
  9. 溶接作業者は図面をしっかり確認した上で作業に取り組まなければいけません。 なぜなら場合によっては製…
  10. アンダカット(アンダーカット)とは溶接ビードの横の部分が母材表面よりもへこんでいる場合の事で…
ページ上部へ戻る