パイプ、配管の外径の呼び名ってややこしいから一覧する

スポンサー リンク

国内で主に使われるJIS規格配管の外径と呼び名です。

A呼称  B呼称     外径寸法

6A   1/8インチ   10.5mm
8A   1/4インチ   13.8mm
10A  3/8インチ   17.3mm
15A  1/2インチ   21.7mm
20A  3/4インチ   27.2mm
25A  インチ      34.0mm
32A  1 1/4    42.7mm
40A  1 1/2    48.6mm
50A  2インチ     60.5mm
65A  2 1/2    76.3mm
80A  3インチ     89.3mm
90A  3 1/2  101.6mm
100A 4インチ   114.3mm
125A 5インチ   139.8mm
150A 6インチ   165.2mm
200A 8インチ   216,3mm
250A 10インチ  267.4mm
300A 12インチ  318.5mm
350A 14インチ  355.6mm
400A 16インチ  406.4mm
450A 18インチ  457.2mm
500A 20インチ  508.0mm

この仕事はパイプと縁の深い関係なので、呼び方くらいは覚えていきたいもんです。
若い頃はよく「3ぶのパイプ持って来い!」なんて指示されても、細いパイプなんて同じ外径でも呼び名が3種類もあるし、人によって指示してくる呼び名が違ったりでもうパニクってましたw 「3ぶって何ぶだっけ?」とか意味不明に考えちゃいます。おまけに寸法まで覚えなきゃだし大変。
僕は今現在、誰と打ち合わせるにしてもA呼称しか使っていません!まぎらわしいんだよ!

海外で作られた製品を使って配管を組み付ける場合は、ANS規格(ANSI)の配管が主に使われているので注意しましょう。若干なんですが外径寸法が違うんですよ。僕の場合、図面丸投げでレーザー屋さんに板の展開と加工をお願いする事が多いので、「おーい、穴の寸法おかしくない?」なんてクレームの電話すると「JISの穴じゃないっすよ」と、こっちから出した図面にもかかわらずよく見てなかったなんて恥ずかしい想いを何度もしてきました。
まぁ何度もあるのでさすがに慣れましたけど。

今では指摘されても恥ずかしくない身体ですよフフフ


     

ピックアップ記事

  1. 一口に溶接の仕事をしていると言っても、さまざまな種類の溶接職人さんがいます。 自分はこれまで関わっ…
  2. 今も昔もこれからも、この社会に無くてはならない技術「溶接」 なんだか難しい技を覚えなきゃいけないみ…
  3. 溶接の道のメールフォームから連日多くのご質問やご相談を頂いていますが、特に多いのが転職のご相談です。…

おすすめ記事

  1. ハステロイの仕事が久々にきました。 ハステロイとは主にニッケル基の耐熱・耐食合金の事です。 聞きな…
  2. 熱間圧延鋼板(SS400、SPHCなど)の板やフラットバーは普通の溶接工なら殆んどの方が扱っている金…
  3. ステンレス鋼サニタリー管 (JIS G 3447)の溶接。 サイズは、3S(65A) 外径76.3…
  4. 溶接の世界には、全国溶接コンクールという溶接人にとって憧れの舞台があります。 誰でも参加できる訳で…
  5. 溶接作業者は図面をしっかり確認した上で作業に取り組まなければいけません。 なぜなら場合によっては製…
  6. 配管の溶接についてのメールがよく来ます。月に10件以上は来ます。 ありがとうございます! メ…
  7. JIS350A用フランジと350Aパイプ(板厚6mm両面磨き)の溶接です。 フランジの…
  8. 半自動溶接(正式には炭酸ガスアーク溶接)での試験科目であるSA-2Vです。 板厚9mmの炭素銅板を…
  9. SUS316L 12ミリ突合せ溶接(仮付けから第1層目)の続きです。 SUS316L、板厚12…
  10. 溶接は熱影響により母材が変形したり歪んだりと中々思い通りに仕上がりにくいものです。 ただ目の前の製…
ページ上部へ戻る