ティグ溶接 外観と歪み

スポンサー リンク

tigginou1

この作品は技能五輪の課題で製作された物なのですが、これまた実に上手い溶接ですねぇ。
ステンレス板厚3mmの条件で、ティグ溶接の特徴でもある溶接ビードのウロコ模様が均等に揃っています。
トーチを持つ利き腕はブレの無い動きに専念し、もう一方の手は均一のリズムで溶接棒をチョンチョンと加えていきます。つまり両手で全然違う動きをするわけなので、熟練した腕がないとここまで綺麗な溶接は難しいでしょう。
溶接ビードのウロコ模様は個人差や好みがあるのでもっと細かくする人もいれば荒い人もいます。細かいウロコはブレが目立ちにくいのですが溶接棒を加えるタイミングが速いので忙しい。荒いウロコは手が楽ですが溶接棒を加えるタイミングが乱れた部分がモロにわかってしまいます。正解は無いのですが、画像のウロコくらいが丁度見た目と作業性のバランスが良いと思います。

tigginou2

こちらは上から見た所です。
溶接ビードの両側に溶接焼けが出るのですが、見事に直線に焼けています。これは安定してトーチを動かしてる事を意味し、溶け込み具合もバラつきが無いとも言えます。ほんのわずかでも動きにムラがあると溶接焼けは波打ったり曲線になってしまいますからね。これなら誰が見ても気持ち良いくらいの仕上がりになっています。

でもティグ溶接を頻繁にされている方なら、このくらいの溶接なら出来ると言いたげな声もありそうですねー。
まあ確かにティグ溶接は外観だけで言うなら数年やればこの作品くらいには出来る方は多いでしょう。
しかし、見逃してはいけないのが板の歪み。ここまで歪みを少なく溶接できるかと言われればどうでしょうか。
相当凄い技術ですよ、この歪みの無さは!
何も考えず溶接した日にはもう、板はベコベコに曲がるだろうし、土台の板だって土台にすらならないほど捻くれるでしょう。板厚3mmの板は薄いとは言え、溶接後に歪みが簡単に直るもんじゃありません。溶接前に知恵を絞った歪みを抑える方法を取っているのでしょう!

と、僕の勝手な憶測ですが実際はどうなんでしょうねぇw


     

ピックアップ記事

  1. 今も昔もこれからも、この社会に無くてはならない技術「溶接」 なんだか難しい技を覚えなきゃいけないみ…
  2. 一口に溶接の仕事をしていると言っても、さまざまな種類の溶接職人さんがいます。 自分はこれまで関わっ…
  3. 自分の性格は溶接工に向いているのか? 溶接の仕事は作業上の打ち合わせ以外、一切喋らず黙々と目の…

おすすめ記事

  1. 日鐵住金溶接工業が新たな自動プラズマ溶接装置を開発しました。 それは、クランプなしでプラズマ溶接が…
  2. SUS316Lの仕事がきました。 簡単に言うと316Lは腐食や塩に強いステンレス材です。 今…
  3. サブマージアーク溶接は造船、橋梁、建築の分野は勿論、ボイラーなどの圧力容器にも使用される優れた溶接方…
  4. 溶接は熱影響により母材が変形したり歪んだりと中々思い通りに仕上がりにくいものです。 ただ目の前の製…
  5. 電流は100Aにしました。溶接棒は1.2mmです。 1mmの空間部分に溶接棒を置いたままトーチを左…
  6. ステンレス鋼サニタリー管 (JIS G 3447)の溶接。 サイズは、3S(65A) 外径76.3…
  7. アンダカット(アンダーカット)とは溶接ビードの横の部分が母材表面よりもへこんでいる場合の事で…
  8. JIS350A用フランジと350Aパイプ(板厚6mm両面磨き)の溶接です。 フランジの…
  9. 半自動溶接(正式には炭酸ガスアーク溶接)での試験科目であるSA-2Vです。 板厚9mmの炭素銅板を…
  10. 溶接作業者は図面をしっかり確認した上で作業に取り組まなければいけません。 なぜなら場合によっては製…
ページ上部へ戻る