ティグ溶接 芸術的な達人技

スポンサー リンク

ティグ溶接は、そこそこ経験のある人なら表面がピカっと光る美しいビード外観が簡単に出来てしまう優れものなのです。しかも他の溶接方法にくらべ、縦向き横向きでも難なく溶接できるのです。

が、しかし

ここまで上手く出来るか普通!!

tiggeijyutu

こちらの作品は数年前の国際ウェルディングショーに展示されていた物です。
ビード表面にジグザグ模様が見えるので、トーチを転がすように溶接していると思われます。ローリングってやつですね。

驚きポイント1 
ビードの幅が見事に揃っていて、なおかつ曲がっていない。
ポジショナーなどで回しながら下向きで溶接しているのでしょうか。これ、このままの格好で横向き溶接で仕上げてるとしたら脱帽物ですねぇ。すごい。

驚きポイント2
ビードの色にムラがない。
普通、長時間溶接していると母材がどんどん高温になっていきます。そのため同じ電流同じ速度だとビードの色がどんどん変色していきます。なのに何なのこの黄金色は。1周溶接しては冷ましてるのでしょうか。ガスのシールドをどうやればこーなるんだよ!すごい。

驚きポイント3
1番上の口部分。裏側も溶接してあります。まさか裏波ですかこれ。まさかのまさかで謎です。
しかしこれ一体どうやって作ったのか。まず、ベースになる花瓶のような形に板を加工してその表面を溶接したのかな。板を花瓶のように加工するのがまず凄いわ!

達人技を持ちながら、なおかつ遊び心を持つ製作者様を尊敬いたします。

国内外から大勢の方が来場するウェルディングショーでは多くの驚きが有ります。
今年も開催されますので意地でも行ったほうが良いですよ!
と言いつつ、4月は仕事が目一杯入ってるので僕は行けないかなぁ・・ な、何とか行く!

2012国際ウエルディングショー
場所 インテックス大阪 4月11日~14日まで


     

ピックアップ記事

  1. 一口に溶接の仕事をしていると言っても、さまざまな種類の溶接職人さんがいます。 自分はこれまで関わっ…
  2. 今も昔もこれからも、この社会に無くてはならない技術「溶接」 なんだか難しい技を覚えなきゃいけないみ…
  3. 溶接の道のメールフォームから連日多くのご質問やご相談を頂いていますが、特に多いのが転職のご相談です。…

おすすめ記事

  1. ハステロイの仕事が久々にきました。 ハステロイとは主にニッケル基の耐熱・耐食合金の事です。 聞きな…
  2. サニタリーパイプ1S(20A 外径25.4mm 厚み1.2mm)とヘルールの裏波溶接をやってみました…
  3. アンダカット(アンダーカット)とは溶接ビードの横の部分が母材表面よりもへこんでいる場合の事で…
  4. 半自動溶接(正式には炭酸ガスアーク溶接)での試験科目であるSA-2Vです。 板厚9mmの炭素銅板を…
  5. 溶接の世界には、全国溶接コンクールという溶接人にとって憧れの舞台があります。 誰でも参加できる訳で…
  6. ステンレス鋼サニタリー管 (JIS G 3447)の溶接。 サイズは、3S(65A) 外径76.3…
  7. JIS350A用フランジと350Aパイプ(板厚6mm両面磨き)の溶接です。 フランジの…
  8. サブマージアーク溶接は造船、橋梁、建築の分野は勿論、ボイラーなどの圧力容器にも使用される優れた溶接方…
  9. 仕事中、背後に見知らぬ爺さんがいきなりいた。 溶接作業は騒音が鳴り響くし、かなり集中して作業し…
  10. 日鐵住金溶接工業が新たな自動プラズマ溶接装置を開発しました。 それは、クランプなしでプラズマ溶接が…
ページ上部へ戻る