溶接技術の基礎

yousetugijyutu
● 商品の詳細

単行本: 257ページ
出版社: 産報出版 (1986/12)
ISBN-10: 4883180077
ISBN-13: 978-4883180073
発売日: 1986/12

「溶接技術の基礎」の詳しい詳細はこちら

関連記事

   

溶接の実例

  1. sabumarji2
    サブマージアーク溶接は造船、橋梁、建築の分野は勿論、ボイラーなどの圧力容器にも使用される優れた溶接方…
  2. sanitary3s6
    ステンレス鋼サニタリー管 (JIS G 3447)の溶接。 サイズは、3S(65A) 外径76.3…
  3. furanjihizumi3
    溶接は熱影響により母材が変形したり歪んだりと中々思い通りに仕上がりにくいものです。 ただ目の前の製…
  4. DCF_0040
    溶接の世界には、全国溶接コンクールという溶接人にとって憧れの舞台があります。 誰でも参加できる訳で…
  5. sanitary1s2
    サニタリーパイプ1S(20A 外径25.4mm 厚み1.2mm)とヘルールの裏波溶接をやってみました…

さまざまな溶接の道

  1. 2016w-51
    溶接祭り開幕! 自称溶接マニアの僕としては意地でも行かなくてはいけない恒例行事。開催数日前からドキ…
  2. tigfinger-3
    「TigFinger」 このアイテムを知らない方が結構多いようなんでご紹介しておきます。 ティグ溶…
  3. syakou1
    溶接は無理な体勢で長時間作業する事が多いので結構疲れますよね。 腕や腰が悲鳴をあげまくって参っ…
  4. welding-career change2
    溶接の道のメールフォームから連日多くのご質問やご相談を頂いていますが、特に多いのが転職のご相談です。…
  5. ranking
    溶接に関わりの無い人からすれば、溶接なんてパチパチと火花出してるだけの仕事と思われてそうですが、溶接…

ピックアップ記事

  1. kyuujin
    今も昔もこれからも、この社会に無くてはならない技術「溶接」 なんだか難しい技を覚えなきゃいけないみ…
  2. chingin
    一口に溶接の仕事をしていると言っても、さまざまな種類の溶接職人さんがいます。 自分はこれまで関わっ…

メールフォーム

仕事の愚痴からこのブログのダメ出しまで何でも言いたい事メールしてください!

質問やお問い合わせはこちらから
ページ上部へ戻る