絵とき「溶接」基礎のきそ

etokiyousetu

● 商品の説明

内容(「MARC」データベースより)
造船分野以外にも、自動車、情報産業機器、半導体などの製造分野でも欠かせない技術となった「溶接」。他の接合法と比べても幅広い分野で利用されているこの接合法の実際の作業工程などを、図や写真を交え丁寧に解説。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
安田 克彦
1944年神戸生まれ。1968年職業訓練大学校溶接科卒業後同校助手。1988年東京工業大学より工学博士。1990年技術士(金属)資格取得。1991年職業能力開発総合大学校教授。2002年IIW・IWE資格取得。2005年溶接学会フェロー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

● 商品の詳細

単行本: 151ページ
出版社: 日刊工業新聞社 (2006/11)
ISBN-10: 4526057681
ISBN-13: 978-4526057687
発売日: 2006/11
商品の寸法: 20.8 x 14.8 x 0.8 cm

絵とき「溶接」基礎のきそ (Mechanical Engineering Series)の詳しい詳細はこちら


   

ピックアップ記事

  1. 自分の性格は溶接工に向いているのか? 溶接の仕事は作業上の打ち合わせ以外、一切喋らず黙々と目の…
  2. 今も昔もこれからも、この社会に無くてはならない技術「溶接」 なんだか難しい技を覚えなきゃいけないみ…
  3. 一口に溶接の仕事をしていると言っても、さまざまな種類の溶接職人さんがいます。 自分はこれまで関わっ…

溶接の道にようこそ

当サイトでは溶接関連の記事を画像や動画などを交えて紹介したり、管理人の体験を基にした記事を公開しています。
私は溶接の仕事を始めて20年が経過しましたが、まだまだ勉強中の身です。それに加え無礼な表現もあるかと思いますが、溶接職人さんから日曜溶接のお父さんまで幅広い方々に閲覧していただけたら幸いです。


yousetuzanmai

管理人のプロフィール
プライバシーポリシー
サイトマップ

おすすめ記事

メールフォーム

仕事の愚痴からこのブログのダメ出しまで何でも言いたい事メールしてください!

質問やお問い合わせはこちらから
ページ上部へ戻る